月のつぶや記

ささやかな日常の風景に言葉を添えて…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雨音を聞きながら

 “読書の‥梅雨”



CIMG0002.jpg



雨の季節は、秋の夜長と同じくらい読書に適しているような気がします。
辺りの音を雨粒が吸いとって、単調なリズムに変えていくからかな。
しかもじっとりとした空気の中で、何故か読みたくなるのがじっとりと重い小説‥
(そういえば前にもこの季節に、この人の本「ウツボカズラの夢」を読んでました…)

作者の取り上げる人物は、時代や環境が違うとはいえ、詠み手の私そのものであったり、その家族であったりするように思います。
それ程、日常のこまごまとした動作、感情をすくい取り、紡いで、大きなうねりをつくりだし、読者を引き込んでいくのが「乃南アサ」さんの凄いところです。
読み始めると止まらなくなる上、この前に書かれた「ニサッタ、ニサッタ」も読みたくなり、
(アイヌ語で“明日”という意味)
結局読んでしまったので‥目に相当きています(沈)

帯にもある「生きる」とはどういうことか、
正解などある訳もないのに、回答が欲しい程に道を見失い、絶望の淵に立たされることがあります。
個人の力では抗え様もない自然災害(二年前も‥)や、戦争に呑まれていく過程で‥
生まれた場所、親、スタートから違うのに、価値観の共有を強いられもがく日々の中で‥
それでも、ただただ今日一日を終える事だけに一生懸命になる、
それが積み重なって明日になる、
そうやって気持ちを奮い立たせる事が言わば生きる事。
そんな風に言っているように思いました。

愚直に生きる“とわ”さんの「政府の言う事は金輪際信じるんじゃねぇ!」という言葉も印象的でした。
北海道の開拓を庶民に押し付けんがための美辞麗句に騙された幾多の人々。
それは満州の開拓にも通じ‥
今の原発に対する国の姿勢にまで通じるように思えてなりませんでした。

思う事のいっぱい詰まった本。合わせて4巻‥
感動と引き換えに視力は…ま、いいか^_^;
   

Read More

スポンサーサイト
[ 2013/06/26 17:06 ] 読書 | TB(0) | CM(8)

夏へ

  夏の気配



少しずつ厚みを増す雲の向こうの

CIMG0568.jpg
 

水の気配


大きく小さく広がる輪となって
CIMG0582.jpg 

水面をゆらし


紫陽花の色を呼び覚ます
CIMG0584.jpg 

弾ける前の静かなひととき潤していく


きらきら輝かせるために
CIMG0634.jpg 

乾杯の夏へ!

Read More

[ 2013/06/15 17:02 ] 自然 | TB(0) | CM(10)

淡い夢

  ありきたりの問いかけに‥



大きくなったら何になりたい?

CIMG0559.jpg 

そんなことわからない

だっていま

CIMG0558.jpg 

風が気持ちよくて

ボールを打つのがたのしいから


CIMG0542.jpg 

みんなと遊ぶのがたのしいから


‥子供の頃、“大きくなったら何になりたい” という質問に“?”しか浮かびませんでした。
昨日はケーキ屋さんって言っちゃったし、
その前は看護婦さんだったし、
もっと前に花屋さん‥
今日は…


CIMG0643.jpg 

花嫁さん!!
だって6月は
June bride 

(相手はいませんけどもね。。。)
[ 2013/06/02 09:56 ] 雑感 | TB(0) | CM(19)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。