月のつぶや記

ささやかな日常の風景に言葉を添えて…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

“小さな雀”

 世界で最も有名な“小さな雀” 


美輪明宏さんによる、エディット・ピアフの生涯を舞台化した「愛の賛歌」(15日・in 新国立劇場。)を観てきました。
(“ピアフ”とは小さな雀という意味だそうです。)
およそ4時間にわたる長丁場が二回の休憩をはさんだ三部構成で上演されます。

有名な余り、なんとなく知ったようなつもりになっていたピアフの生涯や表題の「愛の賛歌」が
美輪さんの体からほとばしり出るような歌声となって空気を揺さぶり、伝わってきました。

表現者、歌手としての評価を年齢を引き合いに出してするのは失礼な事だとは承知の上ですが、
それでも、もうすぐ80歳を迎えられるとは思えないほどの迫力、声量、存在感は鬼気迫るものがあります。
正直、前半の若い頃のそれこそ“ピアフ”を演じるには、あまりの大きさ(偉大さ)で、小雀ではないなと(スミマセン^_^;)
が、晩年、歳若い恋人テオのゆるぎない愛に包まれ死を迎える場面は、そのまま本当に倒れてしまわれるのではと思われるほどで、涙がでてきました。

舞台のセットはNHK紅白の「よいとまけの歌」の時の様に、暗くした舞台の中央から奥を照らす青みを帯びたライインがメインです。
そのシンプルなライン上が、パリの石畳に、ピアフの立つ舞台に…様々な場面に変わり…
やはり最後の場面、エマニエル夫人を思い出させる籐椅子に腰かけ天に召される場面では、
ライン上に籐椅子の影が光背のようにのびて、神々しさすら覚えました。

シャンソンを愛し、より日本にしらしめながらも、ときに音楽以外のことで不当な評価を得たことのあった美輪さんの生き方そのものが、歌う事に生涯をかけたエディット・ピアフとオーバーラップするものがあるように感じました。
これから全国各地を回ります。
一期一会、全身全霊を込めた舞台がこの先ずっととは考えにくいなか、初めて美輪さんの舞台を見ることが出来て、
チケットを手配してくれた友人に感謝、感謝の一日でした。

CIMG3280.jpg 


CIMG3281.jpg 


CIMG3289.jpg 


CIMG3282.jpg


 ロビーは妹役として共演のYOUさんも共に、名だたる方々の花々で埋め尽くされ、良い花の香りに満ちていました。
   客席は満席!あきらかに一般人ではないオーラを放った方々も数多く…
   (その方面、疎いので、ざんねんながら誰とは言えませんが^_^;)

   それではみな様、ごきげんよぅ~~~!


Read More

スポンサーサイト
[ 2014/04/18 00:45 ] 演劇 | TB(0) | CM(6)

さくら

約束





CIMG1286.jpg 






CIMG1310.jpg 




微笑み

CIMG1314.jpg 




希望

CIMG1349.jpg 

綿菓子のように甘やかな彩につつまれると
照れずに言える言葉もあるのかな


枝を揺する風にのって届ける想い
CIMG1330.jpg





ここで一緒に咲こうね

CIMG1313.jpg  





ここで一緒に眠ろうね

CIMG2290.jpg 





そしてまた来年も

CIMG2282.jpg 


 

もう少しだけゆっくりと楽しみたかった今年の桜。
雨と風と寒さをかいくぐるようにして眺めてきました。
普段の景色をワンランクアップさせてくれる桜マジック!
心に沁みるひと時でした。
[ 2014/04/05 16:11 ] 自然 | TB(0) | CM(16)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。