月のつぶや記

ささやかな日常の風景に言葉を添えて…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

“小さな雀”

 世界で最も有名な“小さな雀” 


美輪明宏さんによる、エディット・ピアフの生涯を舞台化した「愛の賛歌」(15日・in 新国立劇場。)を観てきました。
(“ピアフ”とは小さな雀という意味だそうです。)
およそ4時間にわたる長丁場が二回の休憩をはさんだ三部構成で上演されます。

有名な余り、なんとなく知ったようなつもりになっていたピアフの生涯や表題の「愛の賛歌」が
美輪さんの体からほとばしり出るような歌声となって空気を揺さぶり、伝わってきました。

表現者、歌手としての評価を年齢を引き合いに出してするのは失礼な事だとは承知の上ですが、
それでも、もうすぐ80歳を迎えられるとは思えないほどの迫力、声量、存在感は鬼気迫るものがあります。
正直、前半の若い頃のそれこそ“ピアフ”を演じるには、あまりの大きさ(偉大さ)で、小雀ではないなと(スミマセン^_^;)
が、晩年、歳若い恋人テオのゆるぎない愛に包まれ死を迎える場面は、そのまま本当に倒れてしまわれるのではと思われるほどで、涙がでてきました。

舞台のセットはNHK紅白の「よいとまけの歌」の時の様に、暗くした舞台の中央から奥を照らす青みを帯びたライインがメインです。
そのシンプルなライン上が、パリの石畳に、ピアフの立つ舞台に…様々な場面に変わり…
やはり最後の場面、エマニエル夫人を思い出させる籐椅子に腰かけ天に召される場面では、
ライン上に籐椅子の影が光背のようにのびて、神々しさすら覚えました。

シャンソンを愛し、より日本にしらしめながらも、ときに音楽以外のことで不当な評価を得たことのあった美輪さんの生き方そのものが、歌う事に生涯をかけたエディット・ピアフとオーバーラップするものがあるように感じました。
これから全国各地を回ります。
一期一会、全身全霊を込めた舞台がこの先ずっととは考えにくいなか、初めて美輪さんの舞台を見ることが出来て、
チケットを手配してくれた友人に感謝、感謝の一日でした。

CIMG3280.jpg 


CIMG3281.jpg 


CIMG3289.jpg 


CIMG3282.jpg


 ロビーは妹役として共演のYOUさんも共に、名だたる方々の花々で埋め尽くされ、良い花の香りに満ちていました。
   客席は満席!あきらかに一般人ではないオーラを放った方々も数多く…
   (その方面、疎いので、ざんねんながら誰とは言えませんが^_^;)

   それではみな様、ごきげんよぅ~~~!


 帰りに新宿ルミネの人気パンケーキのお店サラベスでベネディクトを戴いてきました
まあ美味しいことと言ったら!!
普段は行列が絶えないらしいですが、平日の夜7時くらいだったこともあって、偶然待たずに入れました。
素敵な舞台を観た後の〆はやっぱり。。。。
おほほほ~~~!機会があったら召し上がれ~~(なんちゃって美輪さん風に‥


CIMG3291.jpgCIMG3292.jpg

スポンサーサイト
[ 2014/04/18 00:45 ] 演劇 | TB(0) | CM(6)
N郎♪ さん。
お~~~!
さすがN郎♪さん!ピアフご本人の生涯の映画をご覧になったのですね。

音楽や舞台、スポーツ等々…こうした方々のおかげをもって、
様々な形で観客の私たちは様々な人生を追体験したり、
感動したり、考えさせてもらったり‥
特別な時間を過ごさせてもらえるんだなと思います。

残念ながら?(笑)蚤の心臓で、発信する何物も持ち合わせていないし
マイクの前に立つとド緊張するので、
もっぱら観客として追体験する側にまわりますが、
N郎♪さんはますます表現者として頑張ってくださいね(^v^)
[ 2014/04/20 23:22 ] [ 編集 ]
エディットピアフの生涯を描いた映画があり、2007年に有楽町の映画館で見たんですが、メッチャいい映画でしたよ。まだご覧になってないのであれば、DVDなどで是非、N郎♪超絶オススメの映画です。

その時の感想
http://enurou.blog96.fc2.com/blog-entry-133.html


イベントご案内させて下さい(笑)

今月末より毎月日曜日の午後 13:00-17:00 越谷アビーロードでN郎♪企画のオープンマイクイベントがスタートすることになりました。題して「N郎♪オープンマイク LOVE&PEACE SUNDAY」

オープンマイクっていうのは、会場に来た人が誰でも演奏できるライブのことです。一人10分ぐらい。

音楽初心者の方も大歓迎、音楽以外のパフォーマンスやPR活動も大歓迎。

LMさんご自身もステージでアピールしたいことあれば是非(笑)興味ありそうなお友達おりましたら是非お知らせ下さい( ^.^ )

越谷アビーロードHP
http://abeyroad.jp/

ご案内でした(笑)
[ 2014/04/19 09:25 ] [ 編集 ]
G.D.M.T.さん。
> ワオワオ〜〜〜♪
逆の意味でワォ~~~~(+o+)”
お名前を!。。。字を間違えてしまってた‼
スミマセン、大急ぎで直しました。(沈)
ありがとうございました(*_*)

G.D.M.T.さんの“体験記”を拝見した時から、もう見たくて見たくて仕方ありませんでした。
今回もソールドアウトしているという中、平日ならもしかして‥
という事で、運よく観る(っていうかホントに“体験”ですね。)ことが出来ました。
二階席の一番後ろの席でしたが、舞台全体を見渡すことが出来、返って良い席だったと思います。

> とりわけ、熟練を感じさせるライティングの妙…
仰るとおりで、美輪さんの美意識がギュッと凝縮された舞台で
その意識は劇場の非常口の明りも灯さない徹底したものでした。

そしてピアフが乗り移り、タイムスリップしたように当時の世界に‥
人に利用されるのも承知の上で、おのおのの才能の開花を願ったピアフ…
イブ・モンタンやジャン・コクトー。ジョルジュ・ムスタキ…
キラ星のようなお名前が次々とピアフの口から。。。
自分が大道芸者としての中から見出されたように
彼女もまた才能ある多くの方を見出していった…

美輪さんがこの舞台を演じるとき
それは観客へ世界観を届けるだけでなく
一緒に舞台を作り上げる若い人々に
歌手とは、役者とはかくあるべきと言ってらっしゃるような気がいたしました。
とくに近年は…どちらかというと幼稚化というか、学芸会的なものが多く、
きちっと訓練し、内面を充実させ、という手順をないがしろにしたものが席巻してると思います。
演者と観客とのやり取りの中で、お互いが成長し成熟しやがて文化となっていく‥
美輪さんはそのことを強く訴えているように思いました。

あ~~~なんか感激のあまり、ついつい長くなってしまう。。。

ほいじゃ、また続きはこんつぎにーーー!(ホントかなぁ?^_^;)

ごきげんよう♪(お約束!笑 ですもんね ^m^笑)


[ 2014/04/18 23:50 ] [ 編集 ]
ボス。さん。
ボン・ソワ~~~♪(笑)
はい、お腹も気持ちもいっぱいに満たされました!
ダイエットは明日から~~~っと(^_^)v
[ 2014/04/18 22:16 ] [ 編集 ]

ワオワオ〜〜〜♪

LMさんも、ついに生の美輪さんを体験されたのですねーー(*゚▽゚*)ーーっっっ!!

僕が昨年拝見したリサイタルでも、美輪さんの年齢を感じさせない
(ある意味、歳を重ねて来られたからこその・・・とも言えますかね)
圧倒的な表現力とパフォーマンスに、とにかく度肝を抜かれましたが、
なんといっても、その世界観を支える舞台の美術セット・・・
とりわけ、熟練を感じさせるライティングの妙によって、
場面ごとに異なる場所に、その曲その曲の主人公が立っていることが、
なんとまぁ見事に表現されていて。。。

刺激的かつ気を衒った仕掛け、あるいは客に一種の媚びを売るような、
現代にありがちな商魂逞しいステージングにたいするアンチテーゼというか、
ともかく、古よりぶれることのない《劇場》という存在が持ち続けるべき、
その堂々たる美の本質の姿に向けた美輪さんの執念に近い程の想いの深さに、
大きな感銘を受けた時間が、いまだに忘れられません。

お年から察して、生の美輪さんのステージがこれから何回観られるか・・・
なぁんて危惧は、実際に体験すると軽くふっ飛んぢまいますよねえ(^^;)

急な体の不調によって、『軍師勘兵衛』のナレーションを途中降板された、
美輪さんとごく年齢の近い藤村志保さんの例などもありますが、
『花アン』の長丁場に渡る“語り”のお仕事も、是非頑張って戴きたいものです♪
(ちょっとしたニュアンスでドラマの空気をひきしめるあの感じ、やっぱスゴい!)

それでは、ごきげんよう♪(←ココはお約束でしょ(ぷっ!))
[ 2014/04/18 20:10 ] [ 編集 ]
ごきげんよう。
心も、腹も、満腹でしょ v-17v-426
[ 2014/04/18 17:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。